Moreブログ 

ノウハウ・知識、笑い・癒しの提供により社会貢献をめざします

オレユニ流 ちょっとした効率化対策のご紹介 その1


こんにちは、オレンジ色のユニフォームです。

 

先日、会社の会議で画面共有しながら資料の説明をしていた時のことです。

 

話の流れで外部のサービスにログインする必要になりました。

 

ボクはそのサービスのログイン画面のログインIDにカーソルをあてた後、

 

「めー」

 

と二文字を入力して変換キーを押して、会社のメールアドレスに変換をさせました。

#辞書登録を使っただけなんですけれどね

 

参加している1人の若者が

 

「おおっーーー、コレは便利だ」

 

と感激してくれました。

#辞書登録を使っただけなんですけれどね

 

そこで、もしかしたら、ボクが当たり前に行っていることが他の人からすると

 

「おおっーーー、コレは便利だ」

 

と思ってくれるものが他にもあるんじゃないか、と考え今回の記事でご紹介したいと思いました。

#前口上終了

 

Tips01:タイプミスを許容する辞書登録

 

ボクはタイプミスすることがあります

しかも特定の単語を何度も何度もタイプミスします

 

例えば、 “運用” という漢字に変換したい時に、

unnyou と正しくタイプできず、

 

unnnyou とタイプミスしてしまうことがよくあります
#指が動きを憶えちゃっているでしょうね

#そうするとスゴイ漢字に変換されることがあるんですよ

#キャーっ

 

対策としては、「カタカナ変換を使う」とか「ゆっくりとタイプする」とか思いつきますが、


ボクがとった対策は、

 

unnnyou を辞書登録して、“運用”に変換させるという技です

 

同じようにタイプミスしがちな単語がでてくると、その都度、辞書登録しています

 

ミスを直す、という対策ではなく、ミスを許容する、という対策です

#なんとなく自分の器が大きくなった気がしています

 

 

会議中に作成中の議事録を画面表示させない

 

コロナ禍以降、オンライン会議が当たり前になってきました

オンライン会議では、画面共有しながら会議を進めることも当たり前のようになりました

作成している議事録をオンタイムで共有することも可能です

 

しかし、この議事録オンタイム共有はメリットが大きいようにも思えますが、実は弊害もあります。

 

一番の弊害は、参加者の目が奪われてしまい、会議に集中できなくなることです。

 

さらにキータイプに不得手な人が担当すると、

 

誤変換が気になってチラチラみたり、

入力スピードが遅くてヒヤヒヤしたり、

記載すべき内容が間違っていないかハラハラしたり、

 

と集中を妨げ、会議時間を有意義に使えなくなります

 

そこで、会議中は、議事録オンタイム共有は意図的にやらないようにしています

 

ただ、会議の結果、決まったこととフォロー事項は、議事録でも議事メモの形でも残すようにしています。

#議事録が会議の成果物ですからね

 

続編の希望があれば続編書きまーーーす

ではまた

 

自転車を始めたいあなたに

 

こんにちは、Mです。

このMOREブログでは自転車についてのお話を何度かしていますが、先日、私の自転車仲間の中小企業診断士さんが、一風変わったサイクルショップを始めました。

 

『あんどさいくりんぐ東京』という、上野御徒町の一歩路地に入った処にあるこのお店では、【サイクリング初心者や初級者が「も~っと気軽に自転車を楽しむことのできるサイクリング拠点施設」】という新しいコンセプトのもとで、様々なサービスを行っています。

●自転車グッズ・サービス情報やサイクリング観光マップなどが見られる「自転車情報館」

●最新のVRマッピングサービスを体験できる「バーチャルサイクリング」

●新しく自転車を買いたい人が相談できる「自転車をはじめたくなる購入ツアー」

●上野エリアや人気の谷根千谷中・根津・千駄木)を走れる「レンタサイクル」

●都内のスポットや関東近郊(埼玉、茨城など)の観光名所をまわる「サイクリングツアー」

●自転車仲間ができる「自転車ミニ教室」や「自転車おしゃべり場
                                などなど。

 

「自転車を売ってないサイクルショップ」という話を最初に聞いたときは、いったいどんな商売なんだろうと、頭がちょっとグルグルしたのですが、なるほど色々なサービスがあるものです。

 

自転車を始めようと思った人は、まず自転車店に行って見てみるというのが普通ですが、「自分が買いたい・自分に合っている車種は何か?」を考えるのが、意外に悩ましい点です。

※ひと口に自転車と言っても、シティサイクル(いわゆるママチャリ)からクロスバイクロードバイク、マウンテンバイク、小径車、折り畳み自転車、BMX、ピスト、FATバイク、eバイク、・・・等々めっちゃ種類があります。

 

自転車店の人に相談すると、どうしてもそのお店のラインナップからのおすすめになりますし、ロードバイクなどスポーツサイクルを専門にしている“プロショップ”は、ガチ勢の雰囲気が漂っていて初心者にはちょっと入りづらかったりもします。

 

また自転車を買った後、個人で自宅の周りを走ったりはしますが、遠くに足を伸ばしたサイクリングや自転車旅行(輪行)をしたり、人と一緒に走りたいと思った時に、なにかしらきっかけがないと始めづらいというプチ悩みもあります。

 

そういった自転車ビギナーの方々が、自転車の買い方や楽しみ方を知ったり、一緒に走る仲間を見つけたりする情報・交流拠点というのは、今までなかったけど実は潜在的なニーズがけっこうあるのではと感じました。

 

これから夏にかけて走るのが特に気持ちのいいシーズンです。
自転車を始めてみたいな、と思う方はぜひ、一度足を運んでみてください。

※自転車を売っていないので、「何か買わなきゃ!」といプレッシャーもありません!無料で楽しめます(笑)

 

【あんどさいくりんぐ東京】
●所 在 地: 〒110-0015 東京都台東区東上野2-2-1 品田ビル1階
●営業時間: 月~金 9:00~20:00  土 9:00~17:00
●定休日: 毎週日曜日、年末年始、不定
●運営: VOLバイシクルプラスワン株式会社(代表取締役 河村 康孝)

www.value-press.com

鎌倉殿の13人とアニメ平家物語



こんにちは、kok(こく)さんです!

今年のNHK大河ドラマ
「鎌倉殿の13人」、コミカルな話とダークな話の落差が大きくて、なかなか面白いですよね〜。毎週録画して、今のところ全話見ています。戦国時代や幕末のことに比べて、鎌倉時代のことはよくわかってないので、初めて知ることも多くて、新鮮です。それで、これを機にこの時代のことをもっと知りたいな〜という気になっていました。


そんな時に知ったのが「アニメ平家物語」。このアニメはフジテレビ系列で1月から、つまり「鎌倉殿の13人」とほぼ同時期に放映していました。「鎌倉殿の13人」も「アニメ平家物語」も同じ平安末期のお話です。違うのは、「鎌倉殿の13人」は源氏(+北条)側の視点で描いており、「アニメ平家物語」は平家側の視点で描いている点です。

たとえば、「鎌倉殿の13人」では、源氏(+北条)の人物を中心に描かれているので、平家側の人物は平清盛平宗盛ぐらいしか出てきません。一方、「アニメ平家物語」では、平家の人物を中心に描かれているので、源氏(+北条)側の人物は源頼朝源義経木曾義仲北条政子ぐらいしか出てきません。つまり、一方では省略されている人物やエピソードのことを、もう一方を見ることで知る(補完する)ことができるわけです。

 

また、同じエピソードであっても、この両者では描き方が違っています。たとえば、水鳥の羽音を源氏軍の奇襲と勘違いして平家軍が大崩れした富士川の戦い。「鎌倉殿の13人」では源氏側の視点でかなりコミカルな感じで描かれてましたが、「アニメ平家物語」では平家側の視点で、対岸の暗闇に潜む源氏軍のおっかなさが描かれていました。この両者を対比させながら見るのもなかなか興味深い体験でした。

「アニメ平家物語」は全11話の放映が終了してますが、Prime Videoで見ることができます。また、「鎌倉殿の13人」はNHKプラスで見ることができます。興味を持った方は、この両者を対比させながら見てみると面白いと思いますよ。

さて、今晩放映される予定の「鎌倉殿の13人」は、いよいよ壇ノ浦のお話です。「アニメ平家物語」の壇ノ浦の回はもう見ましたので、「鎌倉殿の13人」ではどのように描かれるのか?いまから楽しみです!!

おじさん、今頃ECの可能性を知る。

皆さん、こんにちは。

おじさんと若者のコミュニケーションを見つめるモ〜です。


以前、このブログでよく散歩する話を書きましたが、最近は、会社から帰る際に途中まで歩いて帰るようにしています。

歩いて帰ると、色々な楽しみがあるのですが、それはまたの機会にお話しするとして、歩く機会が増えたので、新たに買ったものの話をしたいと思います。


私が新たに買ったものは、通勤用リュックです。

なんだリュックかと思われた方もたくさんいるかと思いますが、満足度が高い買い物だったというか、購入に至るプロセスがこれまでと異なったので、ご紹介したいと思います。


私は普段トートバッグを使って通勤してたのですが、歩くようになると、片方の肩に負担がかかることや、片手が塞がってしまうこともあり、通勤に使えるリュックの購入を考えるようになりました。


特にwebで検索したりはしてなかったのですが、ある日Instagramにリュックの広告が流れてきたので、何気なく観ていると、お洒落だし使い勝手も良さそうです。

もう少し知りたいと思い、そのリュックを販売している会社のwebサイトを覗いてみると、香港の会社で、用途によって応じて様々な種類のカバンを出しているようでした。


私の場合、通勤に使う、PCを持ち運ぶ、スマホを取り出し易いなどの機能面の他、スーツにもカジュアルにも合わせ易い見た目もポイントにしてリュックを探していました。

Instagramで観た広告は、どちらかと言えば機能面を強調していましたが、広告のつくりがお洒落な感じがして雰囲気は良さそうでした。

恐らく、webサイトを覗いてみようと思ったのはこうした広告の感じの良さもあったと思います。

また、Instagramの広告では動画でリュックの持つ機能を紹介していて、使い勝手が容易に想像できたのも大きかったです。

webサイトで、気になる点などを確認した後、通販サイトで口コミを確認し、最終的には通販サイトから購入しました。


これまで、私はカバンを買う時は、よく知っているブランドや、お店で自分の目で確認してから買っていましたが、今回はInstagramの広告から、全く自分が知らなかったブランドの商品を購入するに至りました。


届いたリュックを早速使って通勤していますが、想像した通りの使い易さと見た目で、とても気に入っています。


webでの買い物が当たり前になって久しいですが、自分の知らないブランドのものをwebの情報だけで買うという行為が初めてだったことと、それでも高い満足度で買い物が出来たという経験から、おじさんでもECの可能性を非常に感じた買い物体験のお話でした。


孤独のグルメの楽しみ方⑤

百貨店出身の中小企業診断士 madmaxです。

孤独のグルメの楽しみ方シリーズ、前回は④で「聖地巡礼」という楽しみ方をご紹介しました。

今回は先日、動画配信サービス「パラビ」で公開されたオリジナルショートストーリーを紹介したいと思います。

通常シーズンは大体、年末に向けて夏か秋にスタートしますが、今年は春から孤独のグルメに出会えるという、ファンなら垂涎の出来事が発生しています。

パラビの孤独のグルメは下記のURLで観ることができます。(決してパラビの勧誘ではありません)

https://www.paravi.jp/title/88635

ただし、「パラビ」でしか観ることができないため、ファンの中でも「裏切りだ」などの声も出ているようです。

そういうことも配慮してか、今回の配信は通常の番組とは異なる趣向となっています。

具体的には、通常とは以下の点で異なっています。

①通常は30分番組ですが、今回は10分のショートストーリー形式となっている

 ストーリーの流れとしては通常と同じく、仕事フェーズ、お店探索フェーズ、食事フェーズ、ごちそう様フェーズで構成されていますが、それぞれが短くなっています。短くなっていますが、中身のクオリティは変わっていないと思います。

②通常は毎週1回で合計12回の配信ですが、今回は6本同時配信となっている

 動画配信サービスだけに、毎週待たなくても、いつでも好きな時に好きな回を好きなだけ視聴することができます。

③通常は五郎さんがマイペースで食事をしますが、今回はマイペースで食事ができない

 これが最大の違いですが、以下のようなことが原因で五郎さんはマイペースで食事ができない状況に追い込まれます。

 a:五郎さんは1人で食事がしたいのに席が少なく相席になってしまう

 b:新人店員がオーダーミスをして希望とは違う料理が配膳されてしまう

 c:お店のスタッフが賄い飯を食べ始め気が散ってしまう

 d:食事中に取引担当者が強引にランチミーティングに持ち込まれてしまう

 e:テイクアウトして事務所で食べようとしたら入り口で妨害に合う

 f:トラブルから食事に独自の味付けをしたらおいしくなくなる

 g:デリバリーのシステムに翻弄され頼みすぎてしまう

 h:デリバリーを頼んだら、なぜか宿敵のアイツが届けに来る

詳細な内容はネタバレになってしまうので、割愛しますが、いつもとは違うスパイスの効いたストーリーとなっているので、私は楽しむことができました。

今年はシーズン10が配信されるか明らかになっていませんが、もし、通常版も配信されるようになるのであれば、ファンにとっては1年を通して孤独のグルメを楽しめる幸せな年になります。

皆さんも、興味があれば無料版でも視聴できますので、よろしければ。

 

        店員とぶつかる客のイラスト(男性)

 

 

 

アブナい忘れモノは防止対策をたてよう

f:id:moreblog:20220416103432p:plain


こんにちは、オレンジ色のユニフォームです。

 

歳を取ると忘れっぽくなります

 

「コレはスマフォで調べよう」と思いたち、スマフォを手にとると、なにを調べるのか忘れている、ということがありました。

 

恥ずかしながら、このような経験は一度ではなく最近は散発しております。

 

ただ、いまのところ大事には至っておらず、周りの人に迷惑をかけてしまうようなことはありません。

#ただ迷惑をかけていることも忘れてしまっている恐れがありますがww

 

”転ばぬ先の杖”、と申しますように、今回は大きな失敗をしでかさないように、あらかじめその対策について考えていきたいと思います。

 

忘れてしまうモノの種類を整理しよう

 

「今朝の分の薬を飲んだっけ?」

「懇親会の開催案内のメールは送ったけ?」

「ひげ剃ったっけ?」

「この笑い話は話したことあったっけ?」

 

忘れてしまうモノはいろいろな種類があります。

まずは、その対策を考える前に、忘れてしまうモノの種類について整理を行い、

その次に種類ごとの対策を立てていきたいと思います。

 

オレユニ流として、忘れてしまうモノの種類を次の2軸で整理したいと思います

 

・自分だけの行為/相手が伴う行為

 →その行為は自分だけでおこなうものか、相手を伴うものか、の違いです

・行為後にその結果を確認できるもの/行為後にその結果を確認できないもの

 →行為結果は確認できるものなのか、確認できないものなのか、の違いです

 

まずは次のような表枠をつくってみました。

f:id:moreblog:20220416103457p:plain

 

忘れてしまうモノをプロットしていこう

 

次に忘れてしまうモノを対象象限にプロットしていきましょう。

 

ここでのポイントは、どの象限にプロットするかは自分自身の評価で決める、ということです。

たとえば、「頭洗ったっけ?」は髪が豊富にあって頭を洗う時間がそれなりにかかる人と一瞬で洗い終えてしまう人ではプロットする象限は異なってくるからです。

#自虐かww

 

ボクの忘れてしまうモノを表にプロットしてみました。

f:id:moreblog:20220416103528p:plain

 

アブナいモノはどれだ?

 

さて、4つの象限の中で特別な対策を立てておかないとアブナいものがあります。

さて、それはどれでしょうか。

 

答は、左下の象限になります。

つまり、「自分だけの行為」で「行為後にその結果を確認できないもの」です。

 

f:id:moreblog:20220416103612p:plain

「自分だけの行為」で「行為後にその結果を確認できるもの」であれば、自身で行為後に確認をすればよいのです。

 →「ひげ剃ったっけ?」と気になったら、自身の顎をなぜるだけで確認ができます

 

「相手を伴う行為」で「行為後にその結果を確認できるもの」であれば、自身で行為後に確認をすればよいのです。

 →「懇親会の開催案内のメールは送ったけ?」と気になったら、自身のメールの送信ログを照会するだけで確認ができます

 

「相手を伴う行為」で「行為後にその結果を確認できないもの」であれば、相手に行為について確認をすればよいのです。

 →「この笑い話は話したことあったっけ?」と気になったら、相手にそのまま「この笑い話は話したことあったっけ?」と話し前に確認すればよいのです

 

他方、「自分だけの行為」で「行為後にその結果を確認できないもの」はどうにもこうにも確認ができないのです。

 

 

アブナいモノの対策の立て方

 

「自分だけの行為」で「行為後にその結果を確認できないもの」はどのような対策を立てたらよいでしょうか。

 

考え方としては、「相手を巻き込む」と「行為後にその結果を確認できるようにする」ことになります。

しかし、「相手を巻き込む」ことは相手にも迷惑がかかるかもしれませんし、すぐに始められないかもしれません。

 

そのため、「行為後にその結果を確認できるようにする」ことを基軸に対策を立てるようにします。

 

オレユニ流薬の飲み忘れ対策

 

事例として「薬の飲み忘れ」対策をとりあげます。

 

一般的な薬の飲み忘れ対策としては、薬を飲むタイミング(朝と夜とか)毎に、透明な袋に小分けにして、目に見えるところに貼り付けておく方法が普及しています。

f:id:moreblog:20220416104048p:plain

この方法は、薬を飲んだ/飲んでいないことが見える化されているため大変効果が高い方法と考えます。

しかし、その準備の作業が面倒だなぁ、と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 →薬を飲むタイミング(朝と夜とか)毎に、透明な袋に小分けにして、目に見えるところに貼り付ける、という一連の作業

 

そこで、ボクの薬の飲み忘れ対策を紹介します。

 

1.スマフォのリマインダー機能に薬を飲むタイミング(朝と夜)を登録

 →6:00と19:00に設定しています

2.リマインダーの通知があったら、飲む分の薬を本体からはじきだして、本体とともにスマフォのカメラで撮影

3.薬を飲んだらリマインダーを完了にしています

 

通常はこの手順だけですが、イレギュラーなことは起こるものです。その対応策も紹介しておきます。

 

イレギュラーケース その1:リマインダーの完了をし忘れてしまった時の対応方法

リマインダーの完了をし忘れてしまうと、薬を飲んだのか飲んでいないのかがわかりません。自分自身でもすでに飲んだのか/まだ飲んでいないのか、はっきりと覚えていない場合があります。その時は、撮影した写真を確認します。当日の写真があれば薬は飲んでいることがわかります。

 

イレギュラーケース その2:リマインダーの完了も忘れ、かつ、写真撮影も忘れてしまった時の対応方法

上記の対策の手順で撮影した写真を確認したら、写真撮影も忘れてしまっていることがあります。その時は、前日の写真と現在の薬本体の状況を見比べて、薬の減り状況を確認します。想定通り減っていれば薬は飲んでいることがわかります。

 

まとめ

 

歳を取ると忘れっぽくなります

でも、そのことを嘆いていてもなにも前に進みません

 

どうすればよいか、

を自身で考え、自身のやり方で対応していく

ことが前に進める一つのやり方だと思います。

#えらそうにすみません

 

(了)

 

月次決算の考えどころ悩みどころ

f:id:moreblog:20220410074921j:plain

 

こんにちは、Mです。

最近関わっているお仕事の中で、月次決算方法の見直しというものがあり、少々頭を悩ませています。

 

決算といえば、年に一度、期末に行う「年次決算」がまず思い浮かびます。これは会社の一年間の成績のまとめで、株主や金融機関などステークホルダーへの報告や、法人税などを納めるための、いわゆる財務会計税務会計の分野のものです。

 

対して「月次決算」は、月に1度、売上や利益などを集計して見える形にすることです。

年次決算と違い、外部に見せるのが主目的ではなく、会社内部のためのもので、事業の状況が予定や目標に対して順調かをチェックする目的で作ります。(こちらは管理会計の分野ですね)

 

たとえばスーパーマーケットなら、ある月の売上を前月や前年同月と比べて良いか悪いかを確認し、もし先月より売上が落ちていたなら、チラシの配布・品揃えの見直しなど改善策を打っていく、といった活用のイメージです。

 

さて、今あれこれ考えているのは、あるサービス業の会社の月次決算です。

こちらの会社には、以下のような特徴があります。

■売上件数・金額の月による変動が大きく一定ではない。
■売上時期の変更が多い。
■年ごとの売上高の変動も一定ではない。
■営業で受注してから売上計上までの期間が長い(数か月~数年)。

 

問題点は、月によって売上があまりに一定ではないため、前月や過去同月と比較しても、良いか悪いかがわかりづらいことです。これでは月次決算してもあまり意味ないのかも・・などとも思ってしまいます。

(年次決算の途中経過を見る、という意味はあるのですが)

 

ということで、一般的な「売上等の月別比較」という方法の効果が薄いならば、本来の目的の「経営状況の把握と対策」に立ち戻ってみて、別の切り口からのアプローチもできるのでは?と考えてみました。

 

【切り口1】案件単位のアプローチ
月次決算は通常は事業部門や部署単位で出しますが、それだと他の月との比較が難しいのが今回の難点です。そこで、個々の案件ごとの単位での把握に切り替えます。

ある案件についての売上見込みや進捗状況を、事前に設定した目標との比較することで、現状がgoodかbadかを判断し、必要に応じて対策を打つ(ex. 人員調整や、顧客・仕入先との折衝、等々)ことに繋げられます。

 

【切り口2】営業活動へのアプローチ
営業活動へのアプローチを考えてみます。

(現在の売上はいったん置いておいて、)未来の売上の元になる営業活動がしっかり行われているかを把握・改善することを目的とします。

チェックの対象は販売件数や売上金額だけでなく、商談回数や受注確率など営業の各プロセスにも分けてとらえて、それぞれの段階で目標に向かって動けているかを見ます。

 

【検討3】売掛金回収へのアプローチ
売上後の入金状況を把握することも、会社の資金繰り・キャッシュフローのために重要な部分です。

月ごとの回収状況がもし予定とズレているのなら、回収方法を見直したり、個別の顧客に折衝したり、または経理部門側が金融期間と融資交渉するなど、対応・改善すべきことはいろいろとあります。

 

例として3つほど切り口を挙げてみましたが、アプローチの仕方は他にもありそうです。

似ている業種や、ビジネスモデルに共通点がある会社の事例なども見てみると、ヒントが見つかるかもしれません。

なかなかに悩ましいですが、既製の型にはめるだけでなく会社・事業ごとの目的に合ったやり方を、さらに掘り下げて考えていきたいと思います。